〜うちの米は低タンパクだからおいしいよ!〜
 タンパクとはたんぱく質のこと。この値が高いとお米の水の吸収を阻害して粘りが弱くなる。低タンパク米=いいお米、とはっきり言っていいのでしょうか?

 〜優秀なお米を待ち構えている壁〜
 最近の研究により、お米のタンパクにはクロテリン(味を良くするタンパク)とプロラミン(味を悪くする)があることがわかりました。しかし食味計ではその種類までは測定できないため、クロテリンが多い優秀なお米でも、食味鑑定されれば、美味しくないお米と低い格付けとなってしまうのだ。

 〜人にとっても貴重なたんぱく質〜
 人体に不可欠な栄養素で動物性と植物性があり、バランス良くとることが大切。免疫力強化にもダイエットにも必要なタンパク質を、主食のお米でも摂取できるなんて素晴らしいことだとは思いませんか?


 〜いいお米とは〜
 美味しくて、体にもいいお米 美味しくて、体にもいいお米であるべきだ。「美味しくて体にもよくて粘りのあるお米が食べたい!」そこでかとちゃんの『ゆめぴりか』をアピールさせて下さい!

〜もちもちふっくら冷めても美味しい〜
 今では北海道米のエースといわれる「ゆめぴりか」、その根強い人気の秘密とはお米の「アミロースの量」にあります。この量が少ないほどお米は粘り、冷めても美味しいと言われています。一般的なお米の含量は20%前後、ゆめぴりかの含量はなんと14%前後!。あのコシヒカリよりも低い含量なのです。また、日本穀物検定協会が行う食味試験初登場で最高ランクの「特A」と格付けされています。

〜エコであり強く育つ循環農法〜
 ファームかとちゃんでは収穫後の稲わらを土に混ぜ、循環させています。これは一般的にはタンパク上昇につながるため推奨される技術ではありません。このため、貴重なわらを田んぼから搬出する農家、焼いてしまう農家が多数です。「もったいない!」と、かとちゃんは思います。次の作付の肥料にもなるし、焼いたり機械で搬出するなんてエコじゃない。

〜つまりどんなお米?〜
 自然に優しく、美味しく、体にもいい。それを目指して育てられたこだわり米です!!!

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。